運転

2011年11月19日




秋の季節に近づくに連れて、山間部では良く霧が発生します!(・0・)b

よく、霧が出るとその日は「晴れる」とも言われています。


この霧が発生する時間帯は、一概に言えませんが、主に早朝にかけて発生しやすく

なっているようです。

PA280737


しかし、この霧・・・。

舐めてかかると、大事故を起こす危険性さえあります!!

実際、高速道路でハイビームにして走っておられる方を見かけます。


濃い霧が発生しているときに、前が見にくい為にライトをHIにしがちですが、

逆に危険な場合がありますのでご注意を・・・。

というのも、濃霧でハイビームにすると光が反射して余計に視界が悪くなり、

霧の壁が出来てしまいます。


こんな時はまず、速度を落として、センターラインの見え始めるところ(前の方)か、

ガードレールを見ながら走ると良いでしょう。(^ ^)b

PA280732



というのも、万が一、前方に故障車や事故車が止まっていると、濃霧の場合、急に出てくる

ような状態になるからです。


たまに、霧の中を飛ばしていてよけきれずに、衝突して多重事故を起こしている場面も見かけます。

前方でハザードランプを焚いていても、視界が30m位だと、とっさによけることは、難しいものです。


よく海上で船同士が衝突するケースもこういった突然現れるパターンが多いようです。(・・)b


なので霧が出たら、速度を落とし安全運転を!





 



ENEOSカード

中古車買取査定市場
ブログランキング
ブログランキング  bnr 
 



RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加