信号

2014年05月03日



信号機の表示で戸惑うことがあると思うので、ちょこっとご紹介します。


信号機

上の画像は、

直進、左折はOK。

右折はNG。


信号機2

コチラは、

直進、左折はNG。

右折はOK。


これら、当たり前と思っていても意外に迷う時があります。

特に一番上の画像は矢印は出ていないが、右折もOKだと思い進んでいる方をたまに見かけます。

けれど右折は信号無視になるのでご注意ください。



また、たまに黄色から赤に変わり右折の矢印が出ると思って進むと矢印が出なくて、交差点内で事故を起こしそうになるのを見かけるケースもあります。

これら、矢印が消える前に一度黄色になってから赤になる“ややこしい”信号もあるのでご注意くださいね。(・┏Д┓・)b




[PR]保険会社に丸めこまれないための交通事故過失割合の基礎知識-交差点での直進対右折(四輪vs四輪)21パターン (交通事故過失割合シリーズ)










 

2010年06月29日


矢印信号機 普段、道路を走っていると絶対出てくる信号機。
この信号機、年々よくなってきていますよね。

LEDで見やすくなったり、矢印表示が出ていたり、信号機も時代と共に進化していますが・・・

たまに矢印の意味が分かりにくい時ってないですか?

例えば、右左折、直進の出来る交差点で、
右折をしたい時、
「信号がで、になってから右矢印が出る場合」、車は、交差点中央まで進んで安全であれば矢印が出る前でもそのまま右折ができます。

しかし、左上の写真のように、
「信号がで、あとから右矢印が出る場合」、車は交差点中央には進んではいけません。

なぜかと言うと、信号自体は赤だからです。
前者は信号自体は「」、後者は「」・・・。ややこしいっちゅうねん!!って感じです。

けれど、このケースで勘違いor 間違いで進んでいる車、また止まっている車をよく見かけます。

わたしも「ボーっと」しているとついつい間違いかけて中途半端な位置で止まる時があります。

なのでこんな時は まず信号が「」か「」か確認してくださいね。

同様に、左折の場合も反射的に進んでしまいますが、信号機によっては進んではいけない場合もあるのでご注意くださいね。

何気に進んで衝突事故・・・。そんな光景も私自身、目撃していますので、十分ご注意を





 



ENEOSカード

中古車買取査定市場
ブログランキング
ブログランキング  bnr 
 



RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加