2015年02月06日

停止線の種類



交通ルールって免許証を取得してから解らないことの方が多いかと思います。(・Д・)b
交通ルールが変わったとしてもコチラまでキッチリ伝わっていないのが現状ですよね。


これって個人的におかしくないって?思う所、時々腹立たしいこともありますが・・・。(笑)
ルールが変わったら変わったで今以上にもっと浸透しやすく改善するべきでは?


そんななかで、このBlogを見に来られている方の多くは「交差点の停止線」について気になられている方がおおいように思えます。(・┏Д┓・)b


というわけで、停止線のパターンを下の図に表わしてみました。

teishisen


まず、①の点線の停止線です。

おそらくこれが戸惑う所ではないかと・・・。
この停止線は、「左右安全を確認して問題なければ進んでよし」ということになっています。
信号で言えば「赤点滅」の信号のルールと同じということになるかと思います。
※目の前の信号が「赤」でも安全を確認して進んでよしとなっています。

この①の停止線は、大きい交差点内や高架下などにある交差点によく見受けられる停止線です。
個人的経験でも前の車が停止線だと思って止まっているケースにもよく会います。
そういう場合は、交通量が少なく安全に進めそうであればクラクションを1度鳴らします。
それでも気付かれない場合はそのまま待っています。(笑)

心理的にクラクションを鳴らされると、人は冷静さを失いがちになる傾向が多いので、かえって危険なような気がします。
また、鳴らされたことにより感情的になられる方もいるので難しいところでもあります。
個人的にクラクションは、あまり使用したくないものです。(・Д・)b

少し脱線しましたが・・・。

次に②の実線の停止線です。

この場合は基本的に停止です。
※目の前の信号表示に従うのが原則です。

信号のない交差点では一旦停止になっているところが多いのではないのでしょうか?
一緒に標識も立っていますが、ない場合もあります。(その場合は道路に表記されています。)
この、一旦停止の近くには、おまわりさんが潜んでいる場合が多いので気を付けてくださいね。(笑)



また、手前味噌ですが・・・。
このBlog内で交差点内の停止線で事例別でも少し説明しているので良かったらそちらも見てみて下さい。交差点の停止線・・・。






交差点│ 



ENEOSカード

中古車買取査定市場
ブログランキング
ブログランキング  bnr 
 



RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加