2015年02月09日


急激に冷え込んだり、日中が晴れる日によく「霧」が発生したりしますよね。

PB251207


たまに、この濃霧の時に、ライトを点灯するまでは良いのですが、さらにハイビームにされて走っておられる方がいます。


特に夜の場合のハイビームの運転はライトの光が霧の白色に反射して眩しくなるために、余計に視界が悪くなり運転がしにくくなるので危険なのです!(・Д・)b

わかりやすく言えば白い壁に向かってハイビームをしているのと同じような感じになります。



とはいっても、濃霧の時のでも運転はしないといけない時があると思うので、簡単にですが2点ポイントを挙げておきます。

◆ とにかくゆっくり走ること!
ひどい濃霧の場合はハザードランプを付けたままゆっくり走るのもひとつの方法です。
ただし、急激な減速は後続車両に危険なので、ルームミラーやバックミラーを見ながら徐々に減速してくださいね。


◆左側の路側帯にある「ガードレール」や「白線」を見ながら走る。
基本はできるだけ前方の「ガードレール」か「白線」を見ること。
白線は反射塗料が塗ってあるので比較的見やすくなっています。
これは雪国の吹雪の時と同じような感じの対処法です。(雪道では白線は見えないですが・・・。w)
あまり変化のないガードレールや白線などを見る理由は自分がどの位置にいるか確認できるためです。
濃霧や吹雪の中にずっといると同じ景色が続き、目標位置が定まらないため正確に進むことが出来なくなります。(・Д・)b





運転マメ知識│ 

2015年02月06日

交通ルールって免許証を取得してから解らないことの方が多いかと思います。(・Д・)b
交通ルールが変わったとしてもコチラまでキッチリ伝わっていないのが現状ですよね。


これって個人的におかしくないって?思う所、時々腹立たしいこともありますが・・・。(笑)
ルールが変わったら変わったで今以上にもっと浸透しやすく改善するべきでは?


そんななかで、このBlogを見に来られている方の多くは「交差点の停止線」について気になられている方がおおいように思えます。(・┏Д┓・)b


というわけで、停止線のパターンを下の図に表わしてみました。

teishisen


まず、①の点線の停止線です。

おそらくこれが戸惑う所ではないかと・・・。
この停止線は、「左右安全を確認して問題なければ進んでよし」ということになっています。
信号で言えば「赤点滅」の信号のルールと同じということになるかと思います。
※目の前の信号が「赤」でも安全を確認して進んでよしとなっています。

この①の停止線は、大きい交差点内や高架下などにある交差点によく見受けられる停止線です。
個人的経験でも前の車が停止線だと思って止まっているケースにもよく会います。
そういう場合は、交通量が少なく安全に進めそうであればクラクションを1度鳴らします。
それでも気付かれない場合はそのまま待っています。(笑)

心理的にクラクションを鳴らされると、人は冷静さを失いがちになる傾向が多いので、かえって危険なような気がします。
また、鳴らされたことにより感情的になられる方もいるので難しいところでもあります。
個人的にクラクションは、あまり使用したくないものです。(・Д・)b

少し脱線しましたが・・・。

次に②の実線の停止線です。

この場合は基本的に停止です。
※目の前の信号表示に従うのが原則です。

信号のない交差点では一旦停止になっているところが多いのではないのでしょうか?
一緒に標識も立っていますが、ない場合もあります。(その場合は道路に表記されています。)
この、一旦停止の近くには、おまわりさんが潜んでいる場合が多いので気を付けてくださいね。(笑)



また、手前味噌ですが・・・。
このBlog内で交差点内の停止線で事例別でも少し説明しているので良かったらそちらも見てみて下さい。交差点の停止線・・・。





交差点│ 

2014年05月03日

信号機の表示で戸惑うことがあると思うので、ちょこっとご紹介します。


信号機

上の画像は、

直進、左折はOK。

右折はNG。


信号機2

コチラは、

直進、左折はNG。

右折はOK。


これら、当たり前と思っていても意外に迷う時があります。

特に一番上の画像は矢印は出ていないが、右折もOKだと思い進んでいる方をたまに見かけます。

けれど右折は信号無視になるのでご注意ください。



また、たまに黄色から赤に変わり右折の矢印が出ると思って進むと矢印が出なくて、交差点内で事故を起こしそうになるのを見かけるケースもあります。

これら、矢印が消える前に一度黄色になってから赤になる“ややこしい”信号もあるのでご注意くださいね。(・┏Д┓・)b




[PR]保険会社に丸めこまれないための交通事故過失割合の基礎知識-交差点での直進対右折(四輪vs四輪)21パターン (交通事故過失割合シリーズ)










交差点│ 


ENEOSカード

中古車買取査定市場
ブログランキング
ブログランキング  bnr 
 



RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加